Pet Partners協会公認 ペットパートナーズプログラム講習会

 

日本で数少ない、米国 Pet Partners協会(旧称デルタ協会

公認インストラクターである

山崎恵子先生(優良家庭犬普及協会 常任理事)による、

回の 「ペットパートナーズプログラム」講習会の開催が

決定いたしました。

 

 

米国で実際に使用されているテキストを用いながら、

動物介在活動 関する基本的なボランティア 教育を

日本に居ながらにして、受けることができます。

 

動物介在活動(AAA)・動物介在療法(AAT)の定義から、ボランティアとしての責任、活動プログラム、

施設評価、動物適正評価、リスク管理等、アニマルセラピーに携わる方なら、一度は必ず聞いておきたい

内容となっております。

 

現在活動を行っている方はもちろん、将来的に活動を始めたいと思っている方、そしてそうした活動に

興味のある方は ぜひご受講下さい。

上記の映像は 英語サイトですが、動物介在活動をしているハンドラーの

動きにも注目するのがおススメです。

 

また読書をする少年のそばに寄り添い、勉強のサポートをする

「セラピーピッグ」は必見です!(開始4分42秒頃登場)

 

どんな風に動物たちを連れて行っているのか?

相手の方にどんな風に声をかけアプローチするのか?

 

ハンドラーが注意する点や、動物を連れていく前に考えなければいけないこと・・・

そうした人と動物の関わりに関する「舞台裏のシステム」を事前に学ぶことが、

とても重要なのです。

 

訴訟の国、アメリカでトラブルなく動物介在活動をするために

組み上げられた「最新のマニュアル」を、米国のテキストを使って学ぶのが

この講座です。

 

あなたと、あなたの大切なペットを守り、楽しく動物介在活動するためにも

ぜひ本講座を受講して下さい!!

受講修了者には、米国Pet Partners協会認可の
「 Pet Partners® program」修了証をお渡しいたします。

 

また本年の開催をもって、「ペットパートナーズプログラム講習会」としての開催は終了します。

 

ペットパートナーズ協会からの修了証 獲得のチャンスも最後となりますので、この機会を

お見逃し無いよう!!

 

 

【 日程 】 平成29年 10月7日(土)・8日(日)・9日(月祝)  

        各日 10時 ~ 16時ごろまで                     

 

【 会場 】    飯田橋 レインボービル

        東京都新宿区市谷船河原町11番地  アクセス

           JR・私鉄「飯田橋駅」より 徒歩6~9分

 

       バリアフリートイレもあり、車イスご利用の方にも便利!

 

テキスト 内容

 「ペットパートナーズ ステューデント マニュアル」(非売品) 全266ページ

 

目次

 

イントロダクション

 

第1章 デルタ協会(現ペットパートナーズ協会)とは?

 

第2章 活動の提供ーハンドラー

 

第3章 活動の提供ー動物編

 

第4章 活動の提供ー施設と設定

 

第5章 活動を受けるー患者編

 

第6章 訪問を組み立てる

 

付録ー参考文献

    記事

    用語解説

    文書・文献

    ペットパートナーズへの登録

 

 

米国で使われている、ペットパートナーズ(訪問活動に必要な試験)テストに関することや

関わるボランティアが提出する様々な書式や、参考になる文献の参照リストなど

この1冊があると、訪問活動に関しての組織だった知識が学べます。

 

この本を読むだけでも、かなり参考になります。 自宅での学習のおともに必須です。

 

受講修了者には、米国Pet Partners協会認可の
「 Pet Partners® program」修了証をお渡しいたします。